うちの定番の牛革と馬革はもうこれ以上ないというくらい良い感じに仕上がりつつある、しかし最近は鹿革に掛かり切りな私です。またそれがいいんだなぁ。

JUGEMテーマ:革ジャン

表面の凹凸が手で触ってはっきりと分かる鹿革「新しいの作ったから見てみて〜」って送られてきたんです。

鹿革と言えば、ニュージーランド産でクロム鞣しで柔らかくて腰がないくせに摩擦強度が高い、ついでに言うと値段も高い、
というのが2年前までの私の認識です。
しかし、蝦夷鹿に出会って考え方が変わるんです。
北海道に生息する蝦夷鹿でタンニンなめしの鹿革があるって、
良く考えればあって当たり前の革なのかもしれないのです、が
それまでそんなもんにお会いしたことが無かった私にはそれはそれは衝撃でした。
それでね、いいんですよ蝦夷鹿。
もう着てみると、目から鹿が飛び出て来るんです。
「極上」
の一言なんです。
あ〜、蝦夷鹿最高!(高いけど〜っ)て感想に頭の中は満たされました。
さてさて、その次に出会った鹿革は、NZ産のクロムなめしのもの。
表面に元々個体にあった模様が出てしまっていて一見傷のようにも見えます。
だから通常のクロムの牛革と同じくらいの価格で譲って頂きました。
その鹿革、多分ですが出てしまっている模様が着込んで行くとファイヤーパターンみたいに見えてくるんじゃじゃないかと思っているんです。
だから自分用に何枚か確保したんですね、以前から鹿革のジャケット欲しかったから。
なんて思っていたら次の衝撃!
NZ産のタンニンなめしの鹿革が届いたんです。
一行目に書いた凹凸をはっきり感じられる鹿革です。
たぶん、たぶんですよ。タンニンで思いっきり革を締めてます。
実は牛革も衣類用と小物用の鞣しは違っていて衣類用は伸縮性を残して、小物用は伸縮性を無くすように鞣すんですね。
だからこの鹿革は、小物用の牛革を作る時みたいな配合のタンニン(渋)でなめしているんではないかと思うんですよ、
だから、
「かっ、かってぃ(硬い」
とか
「あっ、厚いじゃんかここ!」
とか言いながら作りましたから。
そうです、入荷した革が私にあまりにも衝撃を与えたので速攻でジャケットを作ってみたのです。
この革の難点は版が小さい事です。
NZ産の鹿革はだいたい一枚120デシ(1デシは10CM×10CM)くらい、
蝦夷鹿は100デシくらいというのが私の頭の中にはあるのですが、この革は70デシ平均です。
ちなみに牛革と馬革は半裁で一枚200〜350デシです。
これも多分なんですがね、
タンナーさんが小さい原皮をまとめて買い叩き、
小さいから通常の革の仕様では売れないだろ〜な〜、試しにタンニンでガッチガチに締めてやれ!
って作ったのではないかと私は推測してみました。
とにかく革に衝撃を受けた私、型紙を小さい版用に引き直し、嬉々として製作したのが、コチラ。
TROPHY SPORTSのサイドレースアップを無くし
フロントは、ラフテールさんのブルファイターでやっていたフロントヨークの切り替えを移植。
背中は、ROADMASTERの背中のヨークを移植。
衿は自分のジャケットはいつもスタンドカラーで作ってしまうのでターンダウンで。
後、写真では見えませんが内袖は二分割。
外袖の二の腕部分にフロントと同じ感じの切り替えを入れても良かったなぁ、と作り終えた今になって思っています。
とにかく革の版が小さいときは切り替えが多ければ多いほど良いのです。
裏地は20年くらい前に私の父親がインドに行った時のお土産のウールの刺繍ストールを使いました。
たぶん裏地は刺繍がどんどん解れていつの日か無地になると想像しています。
ファスナーは、真鍮に黒メッキ、脇下のアイレットはガンメタメッキ。
なかなか良いと自分で褒めておきます。
とにかくこれを着まくって皆さんにこの革の驚きの進化をお届けしたいと今は思っております。
が、時は梅雨明けを待つ日々。
ということで秋になったらスウェット代わりに着まくりたいと思います。
たぶん、とんでもなくカッコ良く進化していきますよ、
涎をたらしてお待ちください。
最後に着てみた姿も、
とてもじゃありませんが写真に写っていた自分の顔は皆さまにさらしていいレベルまで到達していませんでした。
そしてピッタリです、もう太れません。
ちなみに袖はガントレットの手袋を夏以外は使用するので短めにして二の腕も細くしています。
という訳で、ニュージーランド産のタンニンなめしで染料仕上げの鹿革が送られて来たら、
テンションが上がって速攻で一着分注文し、
送られて来たらその姿に我慢出来なくなり
ご注文分を横に置いて、
自分用の一着を製作したら、
「これはたまらね〜ぜ」なジャケットとなりましたな回はこれにて終わります。
有限会社フォースピード 須山哲也
〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目16-47
TEL & FAX: 048-242-3889
http://www.4speed.co.jp/
mail: info@4speed.co.jp
instagram:https://www.instagram.com/fourspeed.leathers/
コメント