新日本プロレスワールドはやっぱり契約してはいけませんんでしたがもう終わり。

JUGEMテーマ:新日本プロレス

 

新日本プロレスワールドを契約して1.4&1.5東京ドームを視聴しました。

契約したら終わりだなと前々から思っていたのですが、やっぱり駄目でした。仕事になりません。
DAZNで中継されるJリーグは、仕事しながら聞いてればだいたいの流れが分かるし重要なところはリプレ−してくれます。
アベマTVで中継されるK1やRISEなどの格闘技も実況で倒された瞬間に画面に目をやればなんとかなります(天心と武尊の試合はそういう訳にはいきませんが)。
しかしプロレス、特に今の新日本は駄目でした聞いているだけでは我慢出来なくなり全く仕事になりません。
契約初日の1.4は、スマートフォンで新日本プロレスワールドを流しながらパソコン仕事をしようと思ったのです。
しかし全く進みません。第一試合がケロちゃんのコールでライガーのラスト2なんですもん。
仕方がないのでライガーの試合の後は生中継を見るのもあきらめて自宅に帰りました。
そしてレッスルキングダム14 in 東京ドームの2日目は昨日の興行です。
いつもの時間に工房に着いて、昼からはインターネット中継の昌平対青森山田の試合を音声だけ聞いて仕事が出来ました。
残念ながら昌平が破れてしまい、試合終了と共に帰宅です。
ちなみに昌平のCF小見洋太君とは小学生時代に一緒にフットサルをしたことがありまして、それを私の自慢話として長く言い続けられるように来年こそは頑張って頂きたいと思ってます。
さてさて帰宅後に遅めの昼食を済ませ、自分のテレビの前に陣取ります。
プロレスの試合を全試合を通しで見るのは久々です、特に新日本は新日本対Uインターとか、橋本対小川とかの生観戦以来でテレビで通しして見る事ができるなんてすごい時代が来たなぁと思わずにいられません。
凄かった。
とにかく興行としてのテンポが良い。
そして試合が進むほどに会場が温まっていき、温かさが熱さに変わっていくのが画面越しでも伝わってきます。
更に真壁選手の解説がトップレスラーなのにプロレスが好きでたまらない感じが伝わって来て心地良さを感じさせてくれます。
そしてとにかく天才と呼ばれ続けていた内藤哲也。
あれ?内藤のテーマ曲ってこんなにカッコ良かったっけ?と思う程入場シーンがカッコ良かった(この時点では1.4のホワイト戦は見てません)。
始まる前は21対19くらいでオカダ選手の応援側でしたが、その入場シーンで完全内藤選手寄りになった私。
もう試合は「すんごい」の一言。1.5が終った後に1.4を見たのですが2日続けてあんなことやっちゃうレスラーは本当の化け物です。見終わった後に奥様に「何見て騒いでいたの?」と言われるくらい騒いで見ちゃいました。
余談ですが、オカダ選手がサッカーのキーパーをやっていたら世界のGKの中心選手になってたんじゃないかと思っていたのですが、やっぱり今回も改めて思いました。あの背丈であの運動神経とジャンプ力、日本サッカー協会はスカウト網をサッカー以外の子供たちにも広げるべきだと思います。
戻りまして、やっぱりプロレスは大河ドラマでした。
大きな1年の流れとシリーズごとの流れ、そして大きな流れを知らなくても1回の興行でも素晴らしい大河ドラマを見せてくれます。
さすがに若いころみたいに独りでも観戦に行くという事は無いので、会場に行かなくても新日本プロレスワールドがあれば充分楽しめると今回分かったのは収穫でした。
プロレスが好きじゃ無い人たちは直ぐに「真剣じゃ無いんでしょ」といまだに余計な一言を口にしますが、
なんで余計な事を言うのか私には分かりません、「見てもいないくせに」です。
1.5東京ドームが素晴らしくて書き残したくてたまらなくなり午前中を使い切って日記を書きました。
新日本プロレスワールドはホントにやばい。主要試合を総て生中継ですよ。
G1の夏はどうなっちゃうんだろ。
禁断の一歩を踏み出して(契約しちゃったらって事です)しまったので後戻りは出来ません。
やっぱり契約しなきゃよかったなぁ。と思っているのは確かです。
須山
コメント